スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余韻余韻。

めざましテレビ、見ました~。
これは捕獲いたしましたよ~。

でもね、雑誌類はぜんぜん・・。

一人で本屋さんにいける日を探してみたら、再来週の火曜か水曜しかないや。
今週末は長男のサッカーだし、来週は仕事休みの日は次男の参観日だし、来週末は長男の運動会だし。
その他の日は仕事だもん。
仕方ないよね~。
東京に行かせてもらったわけだし、生で舞台を見せてもらっただけでも感謝です!
ていうか、ドラマ、映画、舞台、たくさんありすぎてどれがどれだかわかりましぇん。
でもね、雑誌が見れなくて残念と思ってない自分がいる。
というのも、やっぱり生舞台が見れたからだろうな。
それと、いろんなメディアで剛君が見れてるので、こっちの容量もいっぱいいっぱいになってるのかも?


そういえば、明日は映画の舞台挨拶もあるんですよね~。
見に行かれる方、剛君に会われる方、めいいっぱい楽しんできてくださいね。



で、「瞼の母」舞台の感想です。
読みたくない人は、読まないでね~。
多少、カラクチもあるかもしれません。


3階席だったので、上から舞台や客席全体を見ることができました。
20日に舞台を見に行かれた方、上から私が見てたかもしれませんよ(笑)
関係者らしき人もチラホラ。芸能人を探してたけど、らしき人は一人いたかな?
でも、それが誰だかわかんね。

私が舞台を見たのは「フォーティンブラス」以来なんですよ。
あの頃も「剛君ってこんな大きい声を出すんだ」と思ったけど、今回もすごく通る声でした。
素人の私が言うのもなんですが、台詞回しがちょっと引っかかったかな?
でも、セリフは無くても忠太郎が背負っている背景が見えるたたずまいで、すごく鋭い雰囲気がビシビシ伝わる忠太郎でした。
3階から見ていても、殺陣の時の息遣いが聞こえるくらい、見えるくらいの迫力でした。
大竹しのぶもやっぱりうまかった。
あんなドスのきいた声が出るとは思いませんでした。
最後、剛君と大竹さん二人だけのやりとりがあるのですが、そこはね、お互い離れて暮らしてきて、今までに背負ってきたものが、お互いの人生に相容れることができない感じが見えて、切なかったな。
ただただ圧倒されて、舞台が終わったときには腑抜けの私がおりました。
ため息しかでなかったわ。


あ~、もっとうまく書きたかったんだけどな。
うまく書けないや。
すんません。


また、思い出したら、少しずつ書きます。



あ、まだスマスマ見て無いんだよね。
ぷっすまは見たけど。
カンニングつつみんバンザイ!



拍手、ありがとうございます。
私だけ東京で楽しんできたバツかなあ?
仕事では大きな失敗をするし、今日は、子供がゲロとゲリで学童からお呼び出しがありました。
今、ふかぁ~く眠っております。
遊んでばかりいるかあちゃんでごめんよ。


ハイmamaさん
本当にお世話なりました。私ももっと剛君のお話をしたかったです。
でも、東京に行って本当によかったです。本当に本当に楽しかったんですもん。
誘ってくださって本当にありがとうございました。
また、機会があったら誘ってやってください。
そのときは、もっと関西弁丸出しの私になるつもりです!!






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。